1. ホーム
  2. プロジェクト

2018年度トレーサビリティ導入実証事業:
 漁獲・陸揚げデータ提供システム(CALDAP)の開発・実証

「輸出のための水産物トレーサビリティ導入ガイドライン」に基づいて、漁獲・陸揚げデータを産地市場荷受から買受業者、さらに輸出業者へ提供するシステムを開発し、実証しました。この事業は、水産庁(加工流通課)の補助を受けて実施しました。

事業報告書

事業報告書「漁獲・陸揚げデータ提供システムの開発・実証と応用可能性の検討」(2019年3月) pdf New!

概要資料

漁獲・陸揚げデータ提供システムの開発・実証 --事業概要と成果の中間報告--(2019年1月) pdf




↑ページトップへ

  水産物トレーサビリティ協議会    Japanese Association of Seafood Traceability

    〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2階 (一般社団法人食品需給研究センター内)

    TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960